被相続人の借金を払いたくない

被相続人が財産を残してくれるというのは相続人にとって非常にありがたいことだと言えます。
財産がどれだけ残っているのかによって相続人はその後の生活が楽になったりすることが考えられるので、多くの財産が残っていればいるほどに被相続人に対する感謝の気持ちも大きくなるでしょう。

プラスになる財産が残っている状態で分割協議を行っていくのであれば相続人の1人ひとりが力を出させ協力的に分割することによってトラブルを防いで円満に協議を終了させることができます。
しかし、被相続人の残した財産の中にプラスとなるものだけではなく、マイナスとなる借金もはじめとした負債が残っていた場合には、このような部分も相続人は引き受けなくてはなりませんので被相続人の亡き後、残された借金の支払いをするのが嫌だと思ってしまう相続人もいるでしょう。

基本的に相続人というのは被相続人から見た親族になりますから、自分の親族が残した借金についてなんとかして支払っていこうと言う気持ちになる人もいるようですが、自分にとってマイナスになってしまうようであれば相続の放棄をすることによって借金を支払わなくて済みます。
その代わり相続の放棄をするということはマイナスとなる借金の支払いだけではなくプラスとなる財産についても受け取ることができなくなるので、あらかじめ了承しておかなくてはなりません。
さらに、財産の放棄をするからには財産が残っていることを知り得た日から3か月以内に手続きをしなければならないことになっていますので、3ヶ月が経過してしまうと自動的に単純承認という形になり、プラスもマイナスも引き受ける形になってしまいます。

残された借金がさほど多くなければ、何とか単純承認となってしまっても支払うことができますが、プラスとなる財産よりも明らかに臭いが大きかった場合には相続人の生活そのものが傾いてしまうことになるでしょう。
その結果、最終的には債務整理等を行い借金の弁済から逃れると言う人もいます。

◼︎3ヶ月以内なら限定承認もあり

上記のように単純承認となってしまう前の段階で、限定承認をすればプラスとなる財産とマイナスとなる財産を相続した上で分割をすることができますので、相続人にとって借金の弁済に追われてしまい自分の生活が追い込まれてしまうようなことがありません。
やはりこの場合でも3ヶ月以内に手続きを行う必要があることと、相続人全ての限定承認を行わなければ認められませんから、この辺りに関しては、相続人が十分な協議を行いしっかりと同意する必要が出てきます。
あまりにも多くの負債が明確になっている場合や、もしかするとこれからも借金が発覚するかもしれないといった場合には、限定承認をしておけば良いでしょう。

例え限定承認をして、弁済を行った後、他の借金なども見つからずプラスになる財産があれば、こうした部分については相続人が受け取ることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ